ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > チルチン通信(最新情報) > 2016年12月分

チルチン通信


『チルチンびと』編集部に届いたニュースを紹介するコーナー。
ホットなニュース満載!要チェックです。
編集部あてにお便りをどしどしお送りください。お待ちしています。チルチンびと編集部mail

2016年12月分 2017年3月分 2017年6月分
最新情報 >>>

17.3.11 担当:中山

 2015年の北陸新幹線開業以来、注目を集め続けている金沢。江戸時代に「加賀百万石」といわれ、豊かな文化を培ってきた北陸の古都には、歴史的建築物と景観がよく保たれています。
 私は半年前まで新潟県で暮らしていたので、金沢は比較的近く、度々訪ねていました。金沢城や兼六園、金沢21世紀美術館など、横綱級の観光スポットはもちろん見ごたえがありますが、さらさらと用水が流れる路地裏や静寂に包まれた鈴木大拙館など、あまり観光地化されていない場所も味があり、“穴場”を探して歩き回ったものでした。
 もっぱら、こうした町歩きが金沢の楽しみ方だったのですが、春号(91号)の取材を通じて金沢で暮らす「人」に会い、お宅を訪ねたことで見方が変わってきました。金沢のイメージが、建築や町並みなどの「無機質なもの」から、人との思い出を伴った「有機的なもの」になり、親しみが増した気がするのです。
 風土社は「ひと・まち・住まい」という言葉を掲げていますが、それらの結びつきを意識すると、対象はぐっと奥行きを増し、生き生きとした表情をみせてくれるようです。3月11日(土)発売の本誌をお読みになった方々にもぜひ、金沢やいろいろなお出かけ先で出会いを楽しんでもらいたいと思います。



2016年12月分 2017年3月分 2017年6月分 >>>
最新情報 >>>




2016年度分
2015年度分
2014年度分
2013年度分


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム