ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > チルチン通信(最新情報) > 2014年6月分

チルチン通信


『チルチンびと』編集部に届いたニュースを紹介するコーナー。
ホットなニュース満載!要チェックです。
編集部あてにお便りをどしどしお送りください。お待ちしています。チルチンびと編集部mail

2016年6月分 2016年9月分 2016年12月分
最新情報 >>>

16.9.10 担当:佐藤

最高気温や湿度も高く、日本の亜熱帯化を感じた夏でした。台風も例年とは違う進路をたどるものが多く、どこに住んでいても不安がつきまといます。このような自然災害が起こりやすい時期、やはり農家の方たちが丹精に育てた作物のことが心配です。
今号は「小さな畑のある家」と題して、自宅の菜園とともに暮らす方々を中心に紹介しています。最近は自宅の庭やベランダなどで、自分たちが食べる分くらいの作物を育てる方が増えています。こう不安定な気候だと、店で食べ物を買えなくなる可能性も少なからずありますが、自宅で育てている作物で得られる安心もあります。
昨年、取材で訪れた小豆島を歩いていてあることに気がつきました。多くの方が自家用の畑をお持ちなのですが、家と道路のちょっとした隙間の三角地帯とか、本当に小さな畑が点在していて、それがまた愛おしい風景をつくっていました。でも、そのぐらいの広さならみなさんほかに仕事があっても無理なくできるのでしょう。自分でもできそうだな、と興味が湧いたことを思い出しました。農家離れが叫ばれていますが、一人ひとりが意識することができれば、自然の恵みや食べ物がどれだけ大事なことなのかがわかるのではないでしょうか。



2016年6月分 2016年9月分 2016年12月分 >>>
最新情報 >>>




2016年度分
2015年度分
2014年度分
2013年度分


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム