ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > チルチン通信(最新情報) > 2014年3月分

チルチン通信


『チルチンびと』編集部に届いたニュースを紹介するコーナー。
ホットなニュース満載!要チェックです。
編集部あてにお便りをどしどしお送りください。お待ちしています。チルチンびと編集部mail

2015年12月分 2016年3月分 2016年6月分
最新情報 >>>

16.3.11 担当:内田

断捨離ということばが世に出て久しいですが、最近では若者の間でもミニマリストなる人びとが急増しているとか。なんでも、荷物はトランク一つに収まる程度、家具のみならず洗濯機や冷蔵庫などの必需品とも言うべき家財道具すらももたず、とにかく極限まで身の回りのものをそぎ落として暮らしているらしいのです。
 一方、私はといえば、増えつづける本や雑誌、レコードに加え、ここ数年では民芸品や郷土玩具にも興味をもち始め、そういった細々したいわゆるかさばるものばかりに囲まれ、まさに真逆の生活。そればかりか、ものが増えたらその分なにかを手放すのではなく、それに合わせて棚をこしらえる始末……。
 ものを溜め込んだり捨てられなかったり、というわけではありません。ただ、ものにはいろんな思いが詰まっていると考えています。壊れても古くなっても、思い入れのあるものは簡単には手放せません。もちろん生き方・考え方は人それぞれですが、必要かそうでないか、だけが判断基準ではないのではとも思うのです。
 家具などはまさに、長い時間をともにし、一緒に生活する家族のようなもの。椅子にしろテーブルにしろ、家にいるあいだもっとも触れるものでもありますし、選ぶことも使うことも大事に考えたいものです。

3月11日発売の『チルチンびと』87号は家具特集です。
「この家具と、暮らす」と題し、上手に家具と暮らす住まいや家具選びのコツ、長く付き合うためのお手入れの知識などを紹介しています。あらたな生活の準備を始める方も増えてくるこの時期、みなさまの家具との生活づくりに役立てていただければ幸いです。書店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

下記、お知らせです。

第2回みどりのクラフトが開催されます。

2015年に埼玉県狭山市で行われた「みどりのクラフト」が、今年も稲荷山公園で催されます。出店するのは器、木工、布、パン、お弁当など60店以上で、全国のつくり手たちと出会える二日間です。87号「子どもに贈る 木の食器・椅子・おもちゃ」で箸を紹介した木工作家・萩原英二さんも出展します。
春の朗らかな空の下、つくり手たちとの会話を楽しみながらお気に入りの一点を探してみませんか?

第2回みどりのクラフト

期間 4月16日(土)、17日(日)10:30〜16:30
場所 埼玉県狭山市稲荷山公園内 狭山市立博物館前広場
〒350-1324 埼玉県狭山市稲荷山1-23-1
※公共交通機関での来場を。
http://midorino-craft.jimdo.com/



2015年9月分 2015年12月分 2016年3月分 >>>
最新情報 >>>




2016年度分
2015年度分
2014年度分
2013年度分


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム