ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > チルチン通信(最新情報) > 2014年12月分

チルチン通信


『チルチンびと』編集部に届いたニュースを紹介するコーナー。
ホットなニュース満載!要チェックです。
編集部あてにお便りをどしどしお送りください。お待ちしています。チルチンびと編集部mail

2014年9月分 2014年12月分 2015年3月分
最新情報 >>>

14.12.11 担当:矢野

 私の幼い頃の暖房器具といえば、炬燵と石油ストーブだけでした。効きも遅いし、石油ストーブは、灯油がなくなれば注ぎ足さなければいけないしで、最近の床暖房やエアコンに比較するととても不便なものでした。しかし石油ストーブの記憶には楽しい思い出もあります。鉄板の上にアルミホイルを敷いて干しイモを並べて焼いたり、ぜんざいや甘酒を温めたり。
 私の偏見ですが、家の中に生火を入れることのいちばんの醍醐味は、生火を使っての調理ではないかと思います。それを裏付けるように『火のある時間の過ごし方』と題したテーマを掲げる今号が、なんとおいしそうなこと。お釜で焚いたごはんや暖炉で焼いた栗、ダルマストーブで温めた酒や窯で焼いたピザ、薪ストーブで焼いたマシュマロやイモやトウモロコシなど、誌面からもほかほかと湯気が立ち上ってくるかのような、魅力的な写真がたくさん詰まっています。
 寒い木枯らしの中、家の中で過ごす幸せを感じる一冊となりました。ぜひご一読ください。

【訂正とお詫び】
 81号の記事に誤りがありました。P.32右下写真の説明文の「シュウメイギク」は、正しくは「シュンギク」です。お詫びし、訂正させていただきます。



2014年9月分 2014年12月分 2015年3月分 >>>
最新情報 >>>




2015年度分
2014年度分
2013年度分
2012年度分


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム