ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > チルチン通信(最新情報) > 2014年3月分

チルチン通信


『チルチンびと』編集部に届いたニュースを紹介するコーナー。
ホットなニュース満載!要チェックです。
編集部あてにお便りをどしどしお送りください。お待ちしています。チルチンびと編集部mail

2013年12月分 2014年3月分 2014年6月分
最新情報 >>>

14.3.11 担当:山下

 いくらか寒さもゆるみましたが、まだコートが手放せません。私は寒いと無性に甘いものが食べたくなります。特にこっくりと甘い餡子。「最中に饅頭にどら焼き、何個でも食べれちゃう〜!」という夢をみたことも。その日はなんとも幸せな気持ちで目覚めました。
 餡子といえば、まだ私が高校生だった頃、「バレンタインにチョコをあげるのは普通だから、餡子はどうだろう?」と思いたち、餡子づくりに挑戦してどら焼きや塩豆大福をつくりました。自作の落款を押した和紙に包み、友達や先生に配り歩いたのを覚えています。初めての餡子づくりは成功したのですが、時間に余裕がなく急いでつくった2回目は、豆がふっくらせず大失敗。「早くしなきゃ」と余裕がない状態では、いいものはつくれないのかもしれません。

 『チルチンびと』3月号は、「手仕事のある家」と題して、手をかけて楽しむ家づくりを紹介しています。私も手間の時間も含めて、家で過ごす時間を楽しむ暮らしができたらなと思います。

建築家・吉田桂二さんの建築塾のお知らせ

 今年も『吉田桂二の木造建築学校 技組』の募集要項が完成し、1/20より募集が開始されました。『吉田桂二の木造建築学校 技組』は次年度で12回目を迎えます。昨年度は「1間間(いっけんま)グリッドの秘儀」をテーマに、1間間グリッドの習得を徹底した結果、受講生たちの成長は目覚しく殆どの受講生が木造の基礎となる「かた」を習得されました。本年度は木造建築の基礎だけではなく、本校の校長であり実務経験60年、これまでに1000件以上にのぼる住宅を設計してきた建築家・吉田桂二の経験から述べる「生活の潤滑化」をテーマに多様化する現代の住宅における暮らしとそこに住まう人を読み解く方法を伝授します。
 また、本校の特徴は設計課題です。毎回設計課題を出題して、ひと月目に提出していただきます。提出された課題は吉田が全て採点し、点数・コメントをつけて(時には代替案をつけて)次回講義時に返却いたします。
そして、講義の際に毎回10名ほどピックアップして課題の内容について講評します。その際には受講生に設計意図を発表してもらっています。皆さまのご参加お待ちしております。

【問い合わせ先】
rengo DMS 釜A合設計社市谷建築事務所
担当/矢崎 香織
102-0071東京都千代田区富士見2-13-7
TEL:03-3261-8286/FAX:03-3261-8280
HP:http://www.rengodms.co.jp/

第19回 「建築家による家づくりフォーラム」

関西で家づくりを考えている人と、建築家の出会いの場となる「建築家による家
づくりフォーラム」開催のお知らせです。京都・大阪・奈良で活動する建築家が
中心となって、作品紹介の展示や家づくりの無料相談会を行う同フォーラム、今
年で19回目を迎えます。参加する15名の建築家は、実力派ばかり。関西で家づく
りを考えている人におすすめの催しです。

会期/4月12日(土)・13日(日) 11:00〜18:00
入場費/無料
会場/奈良市ならまちセンター1F企画展示コーナー 奈良市東寺林町38 
(0742-27-1151)
出展者/阿久津友嗣、小笠原絵理、窪田謙二(家具)、斉藤智士、眞野サトル、
住谷弘法・晃也(造園)、竹原義二、中西義照、林敬一、広渡孝一郎・早苗、藤
岡龍介、牧岡一生(造園)、森村政悦、山下喜明
問い合わせ先/眞野サトル建築デザイン室 電話 06-6364-5640
http://iedukuriforum.com/



2013年12月分 2014年3月分 2014年6月分 >>>
最新情報 >>>




2016年度分
2015年度分
2014年度分
2013年度分


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム