ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > チルチン通信(最新情報) > 2011年6月分

チルチン通信


『チルチンびと』編集部に届いたニュースを紹介するコーナー。
ホットなニュース満載!要チェックです。
編集部あてにお便りをどしどしお送りください。お待ちしています。チルチンびと編集部mail

2011年4月分 2011年6月分 2011年8月分
最新情報 >>>

11.06.05 担当:植林

『チルチンびと』67号は、「古びの美が宿る家」と題し、古いものを直して慈しむ暮らしと住まいを紹介しています。
家具でも住まいでも、時を経たものには不思議と人のこころをほっとさせる何かがあります。古いものと触れ合いながら過ごす、豊かな暮らしぶりを是非ご覧ください。


このテーマの編集作業をしながら脳裏をかすめたのは、関西のとある小さな町で過ごした私自身の幼少期のことです。
高度経済成長期のかすかな名残がある時代だったので、私も古いものよりも新しいものに心惹かれた子どもでした。
実家は、地元の工務店さんがていねいに建ててくれた和洋折衷住宅だったのですが、幼い私にはその価値はわからず、同級生のモダンな家やマンションに遊びにいくたびに、やたらと自分の家が古くさく思えて恥ずかしかった記憶があります。
それから10数年(さらに+α)経ち、建築を学び、住宅に携わる仕事について、あらためて往事の住まいの良さが分かってきました。
こんな風に、当たり前のように接していたもの、当たり前のように受け止めていた日々に、目に見えない宝物がたくさん眠っているのでしょうね。
そうした小さな宝物を、一つでも多く、大事にしていきたいと思います。

編集部に展覧会のお知らせが届いています。

大淵澄夫 街並み・建物素描展〜私が選んだ東京遺産〜

人の心と共にある街と建物を描き続ける建築画家・大淵澄夫さんによる、東京の建築遺産の素描展です。
東京駅、東京タワー、歌舞伎座など、約30点のモチーフのほか、震災で被害を受けた茨城県真壁町・北茨城市の在りし日の風景の展示も行われます。

日時:2011年7月6日(水)〜7月13日(水)(10日は休廊)
開場時間:11:00〜18:00(最終日16:00まで)
会場:世界観ギャラリー 
   (所在地 東京都千代田区小川町3-28-13)
問い合わせ:TEL 03-3293-6334

橋本典久の世界 虫めがね∞(と)地球儀

超高解像度のスキャンにより、人間大の巨大な昆虫写真を制作するグループ「橋本典久+scope」。指先ほどのサイズの昆虫が、私たちとほぼ同じ大きさになったのを目にする時、世界にはさまざまな視線があり、人間以外の生き物にも文化があることに気づかされます。展覧会では昆虫写真のほか、日常の風景を円形や球体に落とし込んだゼログラフ写真やパノラマボールを紹介。いつもとは違う見方や感じ方が体験できる、大人にも子どもにもおすすめの展覧会です。

日時:2011年6月10日(金)〜8月11日(木)(日曜・祝日休廊)
開場時間:10:00〜18:00(最終日17:00まで)
会場:GALLERY A4 
   (所在地 東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店1階)
URL:http://www.a-quad.jp



2011年4月分 2011年6月分 2011年8月分 >>>
最新情報 >>>




2017年度分
2016年度分
2015年度分
2014年度分


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2018 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム