ヘルプ
チルチンびと 出版物のご案内 ご購入のご案内 地域主義工務店の会 チルチン通信 サイトマップ

HOME > 出版物のご案内 >チルチンびと別冊:バックナンバー一覧 > 別冊43号 2013年SEP

チルチンびと別冊:バックナンバー
チルチンびと別冊:最新号
チルチンびと別冊:バックナンバーリスト一覧

チルチンびと別冊43号





 

  チルチンびと別冊43号

  日に灼けて飴色になった柱梁。
風雨にさらされて表情に深みを増した土壁。
踏まれ続けるうちに
やわらかな凹凸が浮かび上がった土間の三和土。
これらは、本物の木の家だからこそ得られる、長い年月に育まれた味わいの色です。
こうした色を持つ家をつくるためには、本物の素材と、それを暮らしの器として仕立てあげるデザイン。
そして何より、長年にわたり家を愛し続ける住まい手の存在が欠かせません。
そのいずれもが揃っているからこそ、東海地方には本物の木の家が多く建てられているのです。
小誌は、東海ならではの素材やつくり手、暮らしに育まれた木の家を紹介します
 

Contents

本物の木の家とは何か
家というものは本来、「木」で造るべきものであり、あらねばならない宿命を持つ 文・吉田桂二
建築家が設計した東海の木の家
吉田桂二、大野正博、横内敏人、田中敏溥
東海で建てる本物の木の家 工務店事例15題
  愛知県
 
  • ゆったり暮らせる勾配天井の平屋 
    (阿部建設)
  • 風景を切り取る心地良さに満ちた家 
    (洞口)
  • 北欧テイストがほどよいシンプルで豊潤な家
    (Designer's Factory KISETSU)
  • 木のにおいに、にっこり  陽だまりで、のんびり
    (エコ建築考房)
  • 自然素材で再生させた3世代で暮らす家
    (勇建工業)
  • 歳を重ねても暮らしやすく。夫婦の願いをかたちにしたのびやかな木の家 (はろうす)
  • 庭の緑が楽しめる自然と共生する住まい 
    (ソーラーホーム)
  岐阜県
 
  • デッキを挟んでLDKから工房へ。のびやかに空間がつながる 
    (白木建設)
  • 山里を楽しみながら暮らす土壁の住まい 
    (亀津建築)
  • 気持ちが解放されるおおらかな木と土の家 
    (本庄工業)
  • 遊び心を忘れない粋な大人の家
    (弘栄工務店) 
静岡県
 
  • 歳月を経て風合いを増す自然素材を使った家
    (家和楽工房)
  • 自然素材を生かした遊び心あふれる家
    (ARCHITECT OFFICE ヒロ設計室)
  • 深い軒の出に守られた風が通り抜ける家
    (育暮家 ハイホームス)
  • 古い建具をとりいれた住まい手のセンスが光る家
    (加藤忠男)
ミツバチがくれる自然の恵みを生かす知恵
小川耕太郎∞百合子社 未晒し蜜ロウワックス
3人の母親の共同保育から、社会福祉法人へ。保育園に学ぶ子育ての知恵
愛知県 恵の実保育園
岐阜県の親たちと地域工務店が支える子どもたちの家づくり体験
“本巣 大地の家プロジェクト”
木材/色土/葛布/美濃和紙
木の家と暮らしを支える地域の素材
人をつなぐ薪ストーブ店
浜松・伝兵衛堂
薪ストーブショップリスト
チルチンびと広場」誌上版+α
掲載工務店リスト
【訂正とお詫び】
別冊43号の127ページ、ARCHITECT OFFICE ヒロ設計室のコラム「ここがいちばん!」に掲載しました写真の説明に誤りがありました。謹んでお詫びし、次のように訂正させていただきます。
浜名湖畔の和食店「旬彩一徳」。正面画外観とカウンター席。
 

ページトップ


会社案内 個人情報の取り扱い

Copyright © 2015 FUDOSHA All Rights Reserved.
ホーム